【最大7割引】中古本をメルカリで安く買う方法を4手順で解説

本を安く買いたい人

本を安く読める方法はないかな。
本を読むのが好きだけど、お金がかかる。
節約したいので無料もしくは割引で買える方法について知りたいな。

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

・メルカリで本が安く買える仕組み
・メルカリで本を安く買うための4手順を分かりやすく解説

この記事を読むと、今まで1500円で買っていた本を実質500円以内で購入することができます。読みたい本を渋ることもなくなり、最高の読書ライフを送れます。

この記事を書いている私は、読書好きで、月10冊程度の本を読んでいます。1冊1500円程度なので1月で15000円を本に費やしてきたのですが、これからお伝えする方法を実践することで3分の1の5000円以下に書籍代を抑えることができ、最高の読書ライフを送っています。

最高の読書ライフを手にした実体験に基づいて解説していきます。

メルカリで本が安く買える仕組み

疑問ちゃん

本当に本を安く買うことができるの?
都合がよすぎじゃない?

という疑問があるかと思いますので、本が安く買える仕組みについてまずは解説します。

細かいことは後半で解説しますが、簡潔にまとめると以下が本を安く買う仕組みです。

  1. メルカリで本を買う
  2. メルカリで本を売る

疑問ちゃん

え、これだけ!?なんでメルカリ限定なの?

その辺のことについて解説していきます。

本を安く買う仕組み:メルカリで本を売買する

メルカリで本を買いましょう。

メルカリで本を買う理由としては、本屋で新品を買うよりも安く買うことができるからです。

例えば発売から数日以内だと、定価の200~300円引きで販売されています。

上記の画像は2ch開設者ひろゆきさんの本「凡人道」(定価1570円[税込])の発売から2日後のメルカリの販売画面です。

定価より安い1100円~1200円台で取引されているのが分かるかと思います。

デメリットとしては、本を受け取るまでに1~2日かかってしまうという点です。

本屋で買ったりamazonで予約しておけば、発売日当日に読むことができますよね。

本をメルカリで購入すると郵送で届くのですが、本はポストに入れることができるので、不在になることがなく確実に1~2日で受け取ることができます。

どうしても今すぐ読みたいという方は例外ですが、1~2日待つだけで実質7割引きで本を読める仕組みがあるとすればそちらの方がお得ではないでしょうか?

中古本に抵抗があるかもしれませんが、メルカリに本を出品している方はこの記事で解説するような方法で本を買っては売りを繰り返している方ばかりなので本の状態も新品とほとんど変わりません。まさにシェアリングエコノミーですね。

本を読み終わったらメルカリに出品です。

ここで注意点がありまして、本を何週間もかけて読む方にはこの記事で紹介する方法はおすすめできません。

理由としては日数が経つにつれて中古本が多く出回り、需要が供給を下回ることで値段が大きく下がってしまうからです。

下記の画像は「凡人道」発売から1か月後の販売画面です。値段が発売当初と比べて下がってきているのがお分かりいただけるかと思います。

発売直後と比べると平均価格が100円ほど下がってきていますし、画像では確認できませんが出品数も倍増しています。

具体例:私のメルカリでの取引実例を紹介

ホリエモンの「時間革命(定価1570円[税込])」を例に紹介します。

                             

画像を見てわかるように、私は定価1570円である「時間革命」という本を、発売の翌日に1300円で購入しています。

私の場合は自宅や通勤電車で読書をしており、2日程度で読み終わったので早速出品しました。

                              

結果、約2週間後に1170円という値段で売ることができました。

ここで実質購入費用を計算してみましょう。

実質購入費用は以下の式で導くことができます。

メルカリでの購入費 ー メルカリでの売却費 + 販売手数料 + 送料 = 実質購入費用

1300円 ー 1170 + 117 + 190 = 433

つまり定価1570円の本を実質433円で読めたことになります。かなりお得ですよね。

疑問ちゃん

電子書籍だと定価より安く買えるしそっちはどうなの?

という意見もあるかと思います。

確かに電子書籍は定価より安く販売されています(下記画像)

                                  

ただし電子書籍は1度買ったら売ることはできません。本を安く買うという点においては上記で解説した方法のほうが圧倒的に良いです。

次章では、メルカリで本を安く買うための4手順について、注意点も合わせて分かりやすく解説していきます。

もう2分ほどお付き合いください。

メルカリで本を安く買うための4手順を分かりやすく解説

                   

手順をまとめると以下のようになります。

  1. メルカリに登録する
  2. メルカリで本を購入する
  3. メルカリで本を売却する
  4. 2に戻る

それぞれについて見ていきましょう。

本を安く買う手順①メルカリに登録する

すでに登録している方はこのまま先を読み進めていただいて構いませんが、まだ登録していない方はまず登録しましょう。

アプリなのでスマホでも2分ほどで簡単に登録できます。

また登録の際、下記の登録コードを入力していただくことで300円分のポイントをゲットすることができます。

たったの300円ですがないよりはましなのでお使いください。

メルカリ
メルカリ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

本を安く買う手順②メルカリで本を購入する

アプリの登録が済んだら早速本を購入しましょう。

本を購入する際の注意点が2点ほどあります。

  • 本の状態は「未使用に近い」を選ぶ
  • 発送までの日数を確認する
  • 送料負担者を確認する

本の状態は未使用に近いを選ぶ

本の状態は売るときのことも考えて「未使用に近い」を選びましょう(下記画像)。

また、本を売るときに本の状態を偽って売ってしまうと返品や低評価の原因になってしまいますので絶対にやめましょう。

発送までの日数を確認する

基本的には下記画像のように購入から1~2日で発送となっている場合が多いです。

                                

しかしまれに1週間やそれ以上の日数を指定している方もいるので購入時には必ず確認するようにしてください。

発送まで1~2日以上かかってしまうと、読み終わった後に本を高値で売却することが難しくなってしまいます。(詳しくは手順3で解説)

送料負担者を確認する

メルカリの場合は原則として送料は出品者が負担します。

まれに購入者負担になっている場合があるので忘れずに確認しましょう(下記画像)。

また、あなたが本を出品する場合もあなたが送料を負担するようにしましょう。

送料購入者負担にすると取引後に低評価を付けられる原因にもなります。

本を安く買う手順③メルカリで本を売却する

本を購入したらなるべく早く読んで出品しましょう。

なるべく早く読まなければならない理由としては、日数が経過するにつれて価格が下がり、なおかつ本の出品数が増えるので売れにくくなるからです。

とはいえその日のうちに読めというわけではなく、1週間以内に読めればいいかと思うのでご安心ください。

また、なるべく高い値段で売りたいという気持ちもわかりますが、全体を見て平均もしくはそれ以下の価格で出品するようにしましょう。

理由としては、高値で出品すると長い間購入されず、その間にどんどん出品数が増えていき値段も下がっていき結果的により安い値段での再出品を余儀なくされるからです。

本を安く買う手順④2に戻る

本が売れたら送料と手数料を引いた額を受け取ることができます。

売り上げは現金として受け取ることもできますし、メルカリ内で使えるポイントに変換することもできます。

私の場合はメルカリで本を売り、その売り上げをポイントに変換して、次の新しい本の購入費用に充てています。

以上で最高の読書ライフの完成となります。

明日から始めようと思っても結局忘れてしまうので今日この瞬間から行動してあなたも最高の読書ライフを手に入れましょう!

今回は以上になります。

メルカリ
メルカリ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です