Twitterはじめました!アプデや聖堂などDBD攻略情報をイチ早くお届け!フォローしないとメメントするよ?ココをクリック!

【DBD】エクセキューショナーの元ネタ・過去・映画・メメモリまとめ

エクセキューショナー

エクセキューショナーの元ネタ・過去・映画・メメモリについて教えてください。

こう言った疑問にお答えして、DBDキラーエクセキューショナーの元ネタ・過去・メメモリの順番で解説していきます。

DBDキラーエクセキューショナーについて知りたい方は最後までチェックしてみてくださいね!

【DBD】全20キラーの元ネタ・過去・映画・メメモリ【エクセキューショナー追加】

エクセキューショナーの元ネタはサイレントヒル

エクセキューショナーの元ネタは、サイレントヒルです。サイレントヒルは日本で開発されたゲームです。また、サイレントヒルは後に映画化もされています。

映画サイレントヒルはAmazon Primeビデオにて無料で見ることができます。

【DBD】元ネタ映画をフル動画で無料で見る!あらすじ・見どころもおさらい!

エクセキューショナーはサイレントヒルの中でも人気が高かったキャラクターです。

頭に被った特徴的なコーンから、三角様三角頭とも呼ばれています。

エクセキューショナーの過去・背景

加虐的で無慈悲な処刑人である三角頭は、痛みを通じて断罪を施すことに固執している。
頭部に鋼鉄の枠をかぶり、歪で巨大な鉈を携え、彼はサイレントヒルの地獄のごとき道を常人には理解しようもない使命を背負い闊歩していた。
彼の行く場所は怪物でさえ陰に潜み、出会った生き物は、ためらいのない攻撃行為の犠牲となった。
使命を果たし自身の存在が必要でなくなった時、彼は長い眠りにつこうとしたが、別の世界でその力が必要とされてしまった。
彼を包んだ霧は、サイレントヒルで見かけるものとは違っていた。
まるで生き物の神経束のようなそれは、這い寄るように彼にたどり着いた。
そこには暗黙の了解があった。押し寄せる雲は使命とサディズムへの招待状だ、霧に足を踏み入れた三角頭は再び自らの責務を受け入れた。

DBD攻略wiki

エクセキューショナーのメメント・モリ

エクセキューショナーには、通常のオファリングを使ってのメメントモリとは別に、特殊能力「最後の審判」を使ってのメメントモリもあります。

上記動画の1つ目が最後の審判で、2つ目が通常のメメントモリです。

【DBD】メメント・モリとは?全キラーの動画付きで具体的に解説

関連記事一覧

【DBD】全20キラーの元ネタ・過去・映画・メメモリ【エクセキューショナー追加】 【ハロウィン】DBDキラー・サバイバーの全コスプレまとめ【通販販売】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です