【twitter初心者】フォロワー「0~50人」計画【ブログ垢を楽しもう!】

 

こんにちは。 ぼんです。

 

この記事はtwitter超初心者向けです。

 

私自身のtwitterのブログ用アカウントのフォロワーは2019年5月23日現在53人です。

このブログ用アカウントの運営を始めたのが、2019年5月14日でした。また、5月20日まではフォロワーはたったの8人でした。

実際の友人等とつながっているアカウント、リア垢ではフォロワーが200人いて、何かを発信すれば何かが返ってくることが当たり前でした。

 

しかし、趣味垢、専門垢は別です。

 

そのアカウントを作ったとき、あなたの周りには誰もいません。つぶやいても誰の耳にも届きません。

悲しいですよね、悲しいを通り越して・・・・悲しいですよね←語彙力ない

せっかくブログなりプログラミングなり自分がやっていることを発信しても誰も受信しないんですから、悲しいですよね←これで最後

この悲しみに打ちのめされ、アカウント開設から数日でアカウントを閉鎖してしまうことも多いのではないでしょうか?悲しい話です←サーセン

 

実は私も最初の数日はそうでした。

サブ垢ってつまんねーな。そう思いました。

しかし今から伝える3つのことを実践することで、少しずつ私のアカウントもにぎやかになってきました。

これら3つはすべて5分以内に実践できることです。ブログ垢、専門垢を作ったけど想像と違い楽しくないと思っているあなた、是非実践してみてください。

 

プロフィールを最低限充実させる

 

プロフィールは家に例えるなら玄関です。

どんなに部屋が豪華でも、玄関が汚かったらそれは汚い家です。

誰かがあなたのツイートに興味を持ちあなたのページを訪れても、プロフィールがお粗末だと、即回れ右からの駆け足退場です。

 

プロフィールといってもやることは簡単です。

  • プロフィール画像
  • ヘッダー画像
  • 自己紹介文
  • ブログへのリンク

この辺りをやっておけば十分です。

 

あくまで例ですが、

 プロフィール画像やヘッダー画像は自分で撮ったものでもいいですし、「画像 フリー」などと検索して、著作権フリーのものを探すという手もあります。

現在の私はフリーで適当に拾ってきた牛の顔の画像をプロフィールに、いかにもそれっぽいパソコンと珈琲がおしゃれに配置された画像をヘッダーにしています。

ちなみにこのヘッダー画像ですが、フリーでおしゃれということもあり、これまで3人、同じ画像を使っている方を発見しました。ちょい笑でしたね。

プロフィールは自由ですが、ブログの概要や短期目標、長期目標等を書くといいのではないでしょうか。

ブログへのリンクは、「ツイッター ブログ リンク」でググると出てくるので調べてみてください。

 

自分からフォローする

 

皆さん、自分からフォローしていますか?それともフォローされるのを待っていますか?

はっきり言って、アカウント作りたての頃は、少しでも気になるアカウントがあれば自分からバンバンフォローしていくべきです。

フォロワー数千人レベルの方でない限りは、半分から3分の2くらいの確率でフォローを返してくれますよ。

逆に、あなたのような作り立てのアカウントを自らフォローしようとする方は残念ですがほとんどいません。

私はアカウント作成当初、フォロワーが1人増えたので見てみるとエロアカウントでした。そりゃねーぜ。

自分からフォローするのは嫌だ、フォローよりフォロワーが多いほうがかっこいい、そんなしょうもないプライドは捨てましょう。置いていかれます。

 

ハッシュタグ「#」を活用しよう。

 

ハッシュタグをうまくツイートの中に盛り込めていますか?

ハッシュタグの意味が分からない方は、ググりましょう。

ハッシュタグ「#」をうまく使うことで、これまで誰の耳にも届かなかったあなたのつぶやきをたくさんの人が聞いてくれるようになります。

 

ブログ初心者界隈だと、#ブログ初心者 #ブログ仲間募集中 #今日の積み上げ 等が人気のハッシュタグだと思います。

この辺のハッシュタグをあなたのツイートにも入れてみましょう。

また、これらのハッシュタグで検索してみましょう。あなたと同じような目標を持った方がたくさんいますよ。

 

まとめ

 

これら3つを実践すれば、あなたのアカウントは少しずつにぎやかになっていくはずです。

 

しかしフォロワーというのはあくまで「ヒト」であり単なる数字ではありません。

フォロワーを増やすということに気を取られすぎて、本来の目的を失わないように気を付けてほしいです。

 

なんてブログを書いてる間にフォロワーが57人に増えました。

う、うれしい////

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です