「TOEIC」スコアがあると就活(特に書類審査)で無双できます

①就活でTOEICスコアを持っていると有利なの?

②何点くらいあれば履歴書に書けるの?

これから就活なので、就活におけるTOEICの必要性について知りたいです。

こういった疑問に答えます。

先に答えを言ってしまうと、

①就活でTOEICスコアを持っていると、書類審査で無双できます。

②履歴書に書くには最低でも600点は欲しいです。

                                  

この記事を書いている私はTOEIC860点、

現在は英語を使った仕事をしています。

就活におけるTOEICの必要性について、実体験をもとに解説します。

就活でTOEICスコアを持っていると、書類審査で無双できます。


結論としてまじで無双できます。

なぜなら履歴書にTOEICスコアが書いてあると、確実に採用側の目にとまりますし、とりあえず話を聞いてみようと思ってもらえるからです。

特にこれからの時代はどんな職種であれ英語に触れる機会は確実にあるので。

私が就職活動で書類審査で無双した話

具体的なお話をすると、私は4年前就活生でした。

就活開始時の私のTOEICスコアは「660」でした。

就活開始後もTOEICを受験し、就活開始2か月後のスコアは「770」でした。

スコア「660」の時は10社中7社くらい2次試験に進めました。

スコア「770」の時は全社2次試験に進めました。

内定の保証はぶっちゃけできませんが、書類審査ではほぼ無敵でした。

また、2次試験の面接でも、確実にTOEICのことについて聞かれるので、その時の自分の努力等について伝えると好印象を持ってもらえました。

よくある質問①TOEIC以外の資格じゃダメなの?

「TOEIC以外にもたくさん資格はあるけどそれじゃダメなの?」

という疑問があると思います。

そういった疑問もあると思いますが、TOEICだけでOKです。

なぜならTOEICは東アジアにおいて最も権威性のある英語資格の1つだからです。

留学する場合などには他の資格のほうが有利ですが、就活の場合は圧倒的にTOEICです。

                               

余談ですが2020年にセンター試験が廃止されますよね。

その後は民間試験の点数が大学入試に使用されます。

TOEICもその中に入っており、TOEICの認知度、権威性はこれからも爆上がりし続けます。

履歴書に書くには最低でも600点は欲しいです。


結論を言うと最低でも600点は欲しいです。

なぜなら、大学生のTOEIC平均点が約500点です。

これより低い点数やこれと同じくらいの点数だとせっかく履歴書に記入してもマイナスの印象を与えてしまうかもしれないからです。

履歴書にTOEICスコア「450」と書いたと仮定します。

履歴書にTOEICスコア「450」と書いたと仮定します。

履歴書を読む人はどんな印象を受けるでしょうか?

採用側もTOEICの大まかな平均点等については把握しているので、逆にマイナスの印象を与えてしまいます。

私は英検3級(中学3年生レベル)を持っているのですが、就活生時代履歴書に書いたことは1度もありません。

よくある質問①TOEIC600点ってとれるの?

「600」は割と誰でもとれます。

「700」以上になるとそこそこの努力が必要になります。

なぜなら「600」点までは単語をある程度覚えて、問題演習を何回かこなし、TOEICに出やすいところを重点的に抑えるだけでも十分可能だからです。

私がTOEICを初めて受けた時のスコアは「470」でした。

その後、単語帳を1冊丸暗記し、問題演習を5回ほど行い、TOEICに出やすい問題を重点的に確認したところ、2回目の受験でスコア「660」を取ることができました。

よくある質問②具体的にはどうやって勉強したの?

単語帳スタディーサプリというアプリを使って勉強しました。

なぜなら初めてTOEICを受けた時、問題を解く以前にそもそも文章が読めなかったので、単語をやる必要があると思ったからです。

また、スタディサプリは月2000円弱かかりますが、

  • 模擬試験が10回以上
  • partごとの対策問題
  • 講義動画 120本
  • 単語テスト

もついていて、わざわざ毎回問題集を個別で買うよりは圧倒的にお得だと思ったからです。

無料体験もあるのでまだ試したことがない人はこちらのリンクから試してみてください。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

また単語に関しては、TOEICに関するものであればどの単語帳でも正直大差ありません。

ですがこちらの単語帳はスタディサプリの単語テストに出てくる単語と完全一致しています。

実は著者がスタディサプリの講義動画を担当されている方なんです。

また、各単語の覚え方も豊富なので余裕のある方はぜひこちらも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です