TOEICのリスニング対策→ディクテーションがおすすめです。

ディクテーションする人の画像

                                    

  • 「TOEICのリスニングが苦手です。」
  • 「リスニング対策におすすめの勉強法を教えてください!」

こんな疑問に答えます。

                                

結論から言うと、

  • リスニング対策は圧倒的に量より質です。
  • リスニング対策におすすめの勉強法はディクテーションです。

この記事を書いている私はTOEIC870点

リスニングは495点中450点です。

現在は英語を使った仕事をしています。

リスニング対策におすすめの勉強法について、実体験をもとに解説します。

リスニング対策は圧倒的に量より質です。


リスニング対策は圧倒的に量より質です。これは断言しておきます。

「英語のシャワー」という表現がありますが、何十時間海外ドラマを見ても字幕なしでは、彼らが行ってることは意味不明ですよね。

「聞くだけで英語をマスターできる」という教材がかつて流行りましたが、ぶっちゃけ本当にマスターできた人はかなり少ないと思います。

※「英会話」の場合は量も大事だと思います。今回はいわゆる「テスト」に関しての話です。

アラビア語のシャワーを浴びてもアラビア語はわからない

ちょっと話がぶっ飛びすぎかもですが、英語だとイメージしにくいのでアラビア語を例にしてみます。

四六時中アラビア語を聴く生活を続けてもアラビア語はわかりませんよね。

多分ノイローゼになって終わりです。

それよりは量は少なくても1文ずつ深堀りしていく勉強法のほうが効果ありです。

リスニング対策におすすめの勉強法はディクテーションです。


                                   

理由を説明する前にディクテーションについて解説します。

ディクテーションとは?

ディクテーションとは・・・

英文が流れると同時に、流れた音声を文字として書き写すことです。

具体的にはこんな感じです。

                                    

どうでしたか?意外と難しいですよね。

                               

このディクテーションがTOEICリスニングのおすすめの勉強法です。

なぜならただ数をこなすのではなく、1文に徹底して向き合うことができるからです。

ちなみに上記の動画は2分弱ありますが、

  1.  1文だけ聴く。
  2.  答え合わせ
  3.  もう1度聴く
  4.  できたら次の文に進む

の順番で進めることをお勧めします。

書き写さなきゃダメなの?

書き写さなきゃダメです。もしくはキーボードでのタイピングでも構いません。

なぜなら、書き写さないと、なんとなく聞けたかな?という状態で満足してしまうからです。

TOEICでは、なんとなく言っていることが分かったとしても、肝心の1単語を聞き落としただけで間違ってる選択肢を選んでしまうことが多いです。

というか、そういう風に作られています。

書くことで、どこが聞き取れていないのかを明確に把握することができます。

ディクテーションにおすすめの教材


                                   

「教材」といっても、基本的には無料でできるものが多いのでまずは無料でできるものから紹介していきます。

YOUTUBE動画

先ほど上に載せたようなディクテーションの動画がYOUTUBEにはいくつかあります。

メリット

  • 完全無料

デメリット

  • 個人が作成している動画なので質が低い
  • TOEIC対策用のディクテーション動画が存在しない。

「今日ディクテーションを初めて知ったよ。」

「ディクテーションをもう少し体験してみたい。」

という方にはお勧めです。

しかし私が探した限りではTOEIC対策用の動画はなかったので、本格的にTOEICの点数を上げたいという方には不向きかもしれません。

スタディサプリENGLISH (TOEIC対策コース)

TOEICを受験しているほとんどの方が聞いたことがあるであろうスタディサプリ、実はディクテーションが充実しています。

具体的にはリスニング問題全問にディクテーションがついています。

メリット

  • アプリなので隙間時間にスマホでもできる。
  • 聞き取った文章をパソコンやスマホで直接入力できるので、書くという手間がかからない。
  • リクルートという大企業が運営するアプリなので圧倒的に使いやすい。

デメリット

  • 月額3000円かかる

実用性で言えば圧倒的にこれです。

リスニングだけでなく、リーディングも含めた実践問題集や講義問題も含めて月額3000円程度ということですが、正直なかなか高いですよね(笑)

特に学生さんとかだとぶっちゃけ手が出しにくいと思います。

7日間の無料体験があるのでとりあえず試してみて、月額3000円に見合うレベルで頑張れると思った方は継続して続けてほしいですが、それ以外の方は即退会することをお勧めします。下にリンクを貼っておきます。

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

単語帳

単語帳には購入者特典として英語の音声をダウンロードできるものがあります。

その音声を使ってディクテーションをします。

メリット

  • 単語帳と音声をダウンロードしたスマホを持ち歩けばどこでも学習できる。
  • 普通に単語の学習もできる。

デメリット

  • 「単語帳 スマホ 紙」とごちゃごちゃしてやりずらい

ちなみにこの単語帳でのディクテーション、1つだけ注意してほしいことがあります。それは、単語の音声を聞いてディクテーションするのではなく、単語の横についている例文を聞いてディクテーションするということです。

単語帳の中には単語の音声はついているが、例文の音声はついていないというものも意外と多いので。

以下、例文の音声がついている単語帳をいくつか載せておきます。

実はまだありますが、とりあえずはこの2つをお勧めしておきます。

                                   

今回の記事でディクテーションに初めて触れた方も多いと思います。

上記で解説した理由から、ディクテーションはTOEICにおけるリスニング対策にもってこいです。ぜひこれからの皆さんの学習に取り入れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です