[社会人必見]これだけやればOK!大人から始めるTOEIC、~600点編[TOEIC]

この記事を読むとわかること。

TOEIC初受験から600点を達成するためにやるべきたった1つのこと。

この記事の信用性

  • 私のTOEICスコア=870点
  • 英語講師経験6年
  • 留学未経験、完全独学

この記事では、基本的なTOEICの概要等は無視して、最速で600点を達成するためにやるべきことだけをテーマに、ちゃちゃっと話を進めていきます。

それでは、600点を取るためにやるべきことを発表します。

 

単語

  

以上です。

  

ごめんなさい。でもこれが真実です。700点以上を目指すとなると、単語だけでは少し厳しいですが、600点までは、単語を極めれば達成できます。

実際に私が20歳の時初めて受けたTOEICは400点前後でしたが、脳死して単語を覚えまくるだけで2~3か月後に660点を達成しました。

では、なぜ単語なのか、についてお話ししましょう。

  

最速で600点達成するには基礎=単語を固めるべし!!

一概にTOEICの勉強といっても様々な学習方法がありますよね。

大まかすぎるほど大まかに分けると、

  • リーディング
  • リスニング

リーディングは、文法・穴埋め・長文

リスニングは、絵を見て答える問題・対話を聞いて答える問題

などなど。

 

そしてこれから受験を考えている人や400点前後の人が、学習中に思うことがこれです。

 

「そもそも文章が読めねぇぇぇぇ。」

 

今は昔と違って分厚い辞書は必要ありません。電子辞書やアプリでサクッと調べられちゃうのよっ!

なんて思っているのも束の間、速攻で力尽きますよね。

力尽きる=モチベ喪失です。せっかく文法を勉強したいのに途中にわからない単語があるたびに調べて、結局文法の勉強は進みません。次第に力尽き、いつの間にかyoutubeで好きな動画を見ているはずです。当時の私がそうでした。反省してます。

これだと、モチベが上がりませんし、頑張ったとしてもめちゃくちゃ効率が悪くて、はっきり言って時間の無駄です。

ですので600点を達成するまでは、小難しい文法等は置いといて、基礎=単語をひたすら極めましょう。いや、極めてください。いや、極めろボケカスゥ!

  

私は400点を取り、そこから600点を取るまでの間に単語帳1冊を暗記しました。

 

文法や細かいテクニック等はゼロでしたが、単語の意味をつなぎ合わせて、なんとかがむしゃらに文章が解読できるようになりました。単語帳を暗記する前の私にとって英文は、考古学者が石板の文字を解読することに等しかったのですが、文章の意味がつかめてくると、

 

「英語って意外と楽しいです。」

 

読むのが楽しくなります。モチベ、上がります。

  

さらにもう一つ、ちょっとずるい考えかもしれませんが、点数を上げるために大事なことがあります。

TOEICは990点満点ですべてが選択問題です。4択です。単純計算で

990÷4=246

目をつぶって解いても246点は取れます。

皆さんは4択問題を解くとき、どのようにして解きますか?

「これが答えだ!!」という1つの選択肢が見つかればそれがベストです。スコアが上がるにつれ、1つの選択肢に絞れる割合も高くなっていきます。

では1つに絞れないときは、どうしますか?

「これと、これは絶対違うだろ・・・」という風に選択肢を2択にしぼりますよね。

単語が分からず文章の意味が全く分からないと、4択から絞ることができませんが、読めると少なくとも3択、2択に絞れます。

単純に考えて正答率上がりますよね。

 

単語の重要性はわかっていただけたはずなので、具体的な学習方法についてお話ししましょう。

  

反復。さらに反復。もひとつ反復。

 

反復。これにつきます。

 

要するに何度も何度も繰り返すということです。

具体的にお話しすると、1冊に単語100個が載っている単語帳を仮定して、

1日目 1~25

2日目 1~50

3日目 1~75

4日目 1~100

といった感じです。

 

1日目 1~25

2日目 26~50

3日目 51~75

4日目 76~100

これはダメなパターンです。4日目には1~25の単語はほとんど覚えていないはずです。

 

イメージとしては、

「草原で、何度も同じ道を歩くうちに草が倒れ、やがて枯れ、道ができる」

です。

 

何度も繰り返すことで単語を少しずつ自分のものにしていきましょう。

ここでポイントなのが、1日目に1~25を完璧に覚える必要はありません、大体でいいです。どうせ毎日繰り返し見ることになるので、1度に覚えようとして長い時間と労力を使う必要はありません。

  

また、単語帳は左に英語、右に日本語、

apple | りんご

のようになっていますが、

TOEICでは英→日の訳だけできればいいので、日→英は別に覚えなくていいです。また、書けるようになる必要はなく、英語を見て日本語の意味が頭に浮かべば十分です。

 

おすすめの単語帳

おすすめの単語帳。ぶっちゃけありません。

TOEIC用の単語帳であればどれでも構いませんが、

あたりが有名どころですし、購入して間違いないです。まだ単語帳を持っていないという方は何でも構いませんので購入しておきましょう。

 

ちなみに、単語帳1冊暗記すると言いましたが、1冊に固執することはないです。基本的にTOEIC用の単語帳であれば載っている単語は大体同じです。デザインはかなり異なりますが・・。モチベ喪失したら気分転換にもう1冊買ってみるというのも1つの手でしょう。私も結局4冊くらい買ってしまいました(笑)正直もったいないですが、モチベ第一です。

 

また、こちらのサイト

もおすすめです。

TOEIC単語を学習できるサイトやアプリは山ほどありますが、こちらはリクルートが運営しているので信頼性抜群です。間違えた単語や同じ単語を何度間違えたかを記録してくれます。スマホアプリもあるので空いた時間等にすぐ単語反復できます。

 

ちなみにこのスタディサプリは単語だけでなく、

  • 実践問題 10回以上
  • 各partごとの対策問題集
  • 1つ2~10分で見れる講義動画

などなど機能充実です。TVCMで知ってる方も多いと思います。さらにはコーチ機能も付いています。

 リクルートのTOEICオンラインコーチ!スタディサプリENGLISH

スタディサプリはTOEICだけでなく中高生にむけたサービスを提供しており、私がスタディサプリを知ったのも私が講師時代に、中高生向けの講義動画から何かパク、あ、参考にできないかなと思ったのがきっかけです。

 

実際に私が利用を始めたのは700点をとって伸び悩んでからでしたが、600点を取る前から利用すればよかったと後悔しています。

私の700点以降の停滞期を打破してくれたのがスタディサプリだったので、700点以降は必須だと思っているくらいです。

有料で、単語帳や問題集1冊に比べると安くないですが、機能、ボリュームともに充実しまくっているので、これ一つあれば他は何も買わなくていいってレベルです。無料体験もあるので、是非一度は味わってみてください。

まとめ

ここまで読んでくださったあなた。あとは実践するのみです。

単語帳(スタサプ)を1冊暗記すると英文を見た時の世界が変わります。

 

もう一度、何をすればいいかを簡単にまとめておきます。

  • 単語帳を準備する。(スタディサプリだとなおよし)
  • 1日20個程度のペースで単語を覚える(英語を見て日本語の意味が分かるようにする)
  • 2日目以降は1日目から前日までに学習した単語を再確認する

※その日のうちに完璧に覚えようとしない。毎日反復するので、徐々に覚えていきます。

 

以上です。質問も受け付けておりますので、是非コメント欄も活用してみてください。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です