なぜフィリピン人オンライン英会話は安い?訛り?おすすめスクール比較

オンライン英会話

フィリピン人講師のレッスンが受けられるオンライン英会話スクールの受講を検討しています。それにしてもなぜオンライン英会話にはフィリピン人講師が多いんだろう?あと訛りは大丈夫なのかな?

こういった悩みを解決します!

本記事では、私の経験と公的機関のデータを引用しながら、オンライン英会話におけるフィリピン人講師について解説します

早くおすすめのスクールを知りたい方は「フィリピン人講師のレッスンが受けられるおすすめオンライン英会話スクール3選」をチェックしてください。

なぜオンライン英会話業界にはフィリピン人講師が多いの?

オンライン英会話の講師と言えばフィリピン人講師です。大半のスクールにフィリピン人講師が在籍していますし、他国の講師と比べても、人数が圧倒的に多いです。

オンライン英会話業界にフィリピン人講師が多い理由は、3つあります。

人件費が安いから

フィリピンの人件費は、日本と比べると圧倒的に安いです。例えば日本の首都東京の最低時給は、1,013円です。一方フィリピンの首都マニラの最低賃金(日額)は、537ペソ=約1,211円です。東京で1日8時間、最低時給で労働すれば、もらえる賃金の日額は8,104円になります。一方マニラでは1日働いても最低1,211円です。つまり単純計算で、東京とマニラには7倍近い人件費の差があると分かります。

オンライン英会話スクールの最大の売りが安さです。月額6,000円程度で毎日英会話レッスンが受けられるサービスは、オンライン英会話以外ありません。フィリピン以外にも、英語を母語とする国はたくさんあります。しかしオンライン英会話講師がアメリカ人講師やイギリス人講師ばかりだと、月額6,000円の低価格は実現不可能です。例えば欧米圏のネイティブ講師のレッスンが毎日受けられる、DMM英会話のプラスネイティブプランの受講料は、月額15,800円です。

フィリピンのセブ島への格安短期留学が成り立っているのもほとんど同じ理由ですね。

「もっと安く受けられるオンライン英会話スクールを教えてくれ!」という方は↓の記事をチェックしてください

英語話者の数が世界5位だから

英語といえば、アメリカやイギリス、カナダなど欧米圏のイメージがあるのではないでしょうか?しかし英語は、フィリピンやシンガポール、マレーシアなどアジア圏でも話されている言語です。

そしてフィリピンは、世界で5番目に英語話者が多い国です。以下の表のように、フィリピンでは、人口約1億人のうち、6,400万人が英語を話します。

RankCountryNumber of English speakersPercentage of English speakers
1United States283,160,41195.46
2India125,344,73712.18
3Pakistan108,036,04957
4Nigeria79,000,00053.34
5Philippines64,025,89063.73
6United Kingdom59,600,00097.74
7Germany45,400,00056
8Bangladesh30,108,03118
9Canada29,748,26580.10
10Egypt28,101,32535

(“What are the Top 10 English Speaking Countries?”より引用)

イギリスやカナダよりも英語話者が多いんですね。あとインドとパキスタンの英語話者の多さに驚き!

かつてアメリカやイギリスの植民地だった国は、現在でも英語が公用語に定められてます。しかし、フィリピンであればタガログ、インドであればヒンディー語のように、元々母語とされていた言語をメインで使用しています

時差が少ないから

日本とフィリピンの時差は1時間です。日本が午前9時の時、フィリピンは午前8時です。アメリカやイギリスなど、他の英語圏の国々と比べると、日本とフィリピンの時差はわずかです。

日本人のオンライン英会話受講者が、一番英会話レッスンを受けるのが、仕事終わりの19時から23時です。フィリピンだと18時〜22時なので、同じく仕事や大学から帰宅後の講師を十分に確保できます。一方、例えばアメリカの首都ワシントンと日本の時差は13時間あるので、日本の19時から23時は、ワシントンの深夜〜早朝となり、十分な講師の数を確保できません。人口が多い国で、英語を母語とし、日本との時差がほとんどない国は、フィリピンしかありません。

フィリピン人の英語ってどうなの?訛りとかない?

フィリピン人講師がオンライン英会話になぜ多いのかは分かりました。でもフィリピン人講師って英語に訛りがありそう……その辺はどうなんでしょう?

正直に言って、フィリピン人の英語に訛りはあります。しかしそれはフィリピンに限った話ではありません。例えば英語を母語とするシンガポールやマレーシアにも訛りはあります。そして他の国と比べるとフィリピン人の英語は訛りが少なく、日本人にとって聞き取りやすいです。余談ですが、以下の動画は各国の訛りを正確に表現していて面白いですよ。

フィリピン人の英語はアメリカ英語に近い

フィリピン人が英語を話すようになったのは、1896〜1946年にかけて、アメリカの植民地だった時代です。フィリピンにアメリカが学校を建設し、アメリカから英語教師を派遣して英語教育を行いました。英語にはアメリカ英語やイギリス英語などがありますが、フィリピン人はアメリカ英語に近い英語を話します。

日本人英語学習者の大半がアメリカ英語を学びたいと考えています。また日本人が学校で習っていたのもアメリカ英語です。よって日本人英語学習者とフィリピン人講師との相性は良いです。最初からイギリス英語を学びたいと考えている日本人英語学習者はごく少数のはずです。

フィリピン人はアメリカに近い英語を話しますが、フィリピンでしか使われない英語表現もいくつかあります。例えば「トイレ」はアメリカ英語では”toilet”です。一方フィリピンでは”CR(comfort room)”と言います。ただしフィリピン人自身も「これはフィリピンでしか使わない表現」だと理解しているので、英会話レッスンでこういった表現を使うことはありません。

ネイティブのようなスラングや流行り言葉はほとんど使わない

「フィリピン人の英語は日本人にとって聞き取りやすい」とよく言われます。これは、フィリピン人が教科書通りに英語を話し、スラングや話し言葉をほとんど使わないのが原因です。

アメリカの映画やドラマを見るとき「字幕に表示される単語は知っているけど、字幕なしだと聞き取れない」ということがあるのではないでしょうか?これはアメリカ人が教科書通りではなく、スラングや流行り言葉、口語表現を多用しているからです。使っている単語は簡単でも、教科書通りに話してくれないので、正しく英語を聞き取れません。

フィリピン人講師は、教科書に近い形で英語を話してくれるので、英語初心者の方には特におすすめです。

発音は確かに訛っている

フィリピン人の発音は、アメリカ英語と比べると訛っています。例えば子音の”F”を”P”と発音する傾向があるので、”Familly”が「ファミリー」ではなく「パミリー」のように発音されます。

ただしフィリピン人講師も「パミリー」がフィリピンならではの発音だと知っているので、レッスン中はなるべく正しい表現を使ってくれますよ。以下の動画を見ても、フィリピン人講師の発音はそれほど気にならないはずです。

普段は関西弁を話す人でも場合に応じて標準語を話せるように、フィリピン訛りの英語を話すフィリピン人も、レッスンではアメリカ英語に寄せて話してくれます

オンライン英会話でフィリピン人講師のレッスンを受けるメリット

オンライン英会話を受講する方、特に初めてオンライン英会話を受講する方や、英語初心者の方は、フィリピン人講師のレッスンを受けるべきです。フィリピン人講師のレッスンを受けるメリットは、3つあります。

受講料が安い

フィリピン人講師の英会話レッスンを受ける最大のメリットは、受講料の安さです。受講料を安く抑えられるので、少ない負担で英語学習を継続できます。やる気はあっても受講料が高く、大きな負担になれば、英語学習は続けられません。

英語学習、特に英会話は継続が大切です。なぜなら英会話は1ヶ月や2ヶ月で身につくものではないからです。1ヶ月だけなら3万円支払えるとしても、それを半年も1年も続けるのは難しいのではないでしょうか?しかし月額6,000円であれば、無理なく半年や1年続けられるはずです。

スクールによっては、月額990円で受講できたり、1レッスン100円以下で受講できたりします。

受講料が安いスクールについてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をチェック!

フィリピン人の英語は日本人にとって聞き取りやすい

国によって、話す英語に訛りや特徴があります。アメリカ人が話す英語、タイ人が話す英語、日本人が話す英語はそれぞれ違いますよね。

日本人英語学習者の多くは、アメリカ英語の習得を目指します。しかしアメリカ英語が速すぎて理解できない、スラングや習ってない表現が多すぎて分からないと感じる方は多いです。

そんな中フィリピン人の英語は、日本人にとって聞き取りやすいと言われています。まずはフィリピン人講師と英会話レッスンを行い、スムーズに英会話ができるようになってからアメリカ人との英会話レッスンに切り替えるのがおすすめです。

フィリピン人講師は他の国の講師と比べてもレベルが高い

フィリピン人講師の特徴として「他の国の講師と比べて講師のレベルが高い」ことが挙げられます。オンライン英会話スクールでは、講師の採用条件の1つとして「4年制大学の卒業または4年制大学に在学中」の条件が定められることが多いです。

日本における令和2年の大学・短大への進学率が54.4%(文部科学省 学校基本調査より)であるのに対し、フィリピンの大学進学率は約30%(Education in the Philippinesより)です。よってフィリピン人講師は、他の国の講師と比べても、より少数精鋭であると考えられます。

日本では「とりあえず大学に行っておこう」といった風潮が強いです。一方フィリピンでは、明確な目的を持って大学に進学する方が大半です。また、私の体験ベースですが、フィリピンの最難関大学であるフィリピン大学の在校生や卒業生も多かったです。英語取得法に関する資格であるTESOLの取得者や大学でTESOLについて学んでいる方もたくさんいます。

オンライン英会話でフィリピン人講師のレッスンを受けるデメリット

フィリピン人講師にはメリットが多いですが、中にはデメリットも。そこでフィリピン人講師のオンライン英会話レッスンを受けるデメリットを2つ紹介します。

細かな解説が受けられない

文法事項など、細かな解説を受ける際は、英語よりも日本語の方が理解しやすいです。ある程度英語力があれば、英語で説明されても理解できますが、そうでなければ英語で説明されてもチンプンカンプンです。

しかしオンライン英会話のフィリピン人講師は、日本語を話せません。これはフィリピン人講師だけでなく、外国人講師全体に共通することです。通学型の英会話教室では、外国人講師も日本在住なので、講師は日本語を話せます。しかしオンライン英会話では、講師は海外に住んでいるので、日本語を話せる講師はほとんどいません。

私も「こんにちは」「私の名前は〇〇です」レベルの日本語を話せる講師には会ったことがありますが、日本語がペラペラの外国人講師は見たことがありません

難易度が高すぎるレッスンを選んでしまうと、レッスンについていけず、英語で細かな解説を受けざるを得ない状況になります。しかし自分のレベルに合ったレッスンを選択すれば、細かな解説を受けずともレッスンは成り立つのでご安心ください。

どうしても細かな解説を受けたい場合は、日本人講師のレッスンを受けるのもおすすめです。

日本人講師のレッスンが受けられるおすすめスクールを知りたい方は以下の記事をチェック!

ネット回線が安定しない

「フィリピンはネット回線が悪い」とよく言われます。ネット回線が悪ければ、オンライン英会話レッスンに支障をきたしてしまいます。確かに数年前までは、フィリピンのネット環境は、日本と比べてあまりよくありませんでした。しかし最近ではそんなことはありません。

オンライン英会話では、講師は自宅からレッスンを行います。講師の自宅のネット回線が悪くてレッスンに影響が出る可能性はゼロとは言えません。しかしそれはフィリピン人講師に限った話ではないですよね。

私も長い間オンライン英会話を受講しています。フィリピン人講師とのレッスンで、謎の大きな虫が講師の頭に突撃する場面に遭遇したことはありますが、ネット回線が気になったことは一度もありません(笑)

どうしても回線が心配な方は、講師全員が自宅ではなくオフィスに出社してレッスンを行なっているQQEnglishを受講しましょう。

フィリピン人講師のレッスンが受けられるオンライン英会話スクール一覧【比較表】

フィリピン人講師のレッスンが受けられるオンライン英会話スクール全16社を一覧にまとめました。受講料が安いプランがあるスクールから順番に並べています。

  • ※スクールによってはフィリピン人講師以外のレッスンが受けられるプランもありますが、今回は記載していません。
  • ※毎日レッスンプランと回数制プラン、どちらも記載しています。回数制プランは、受講料は安くても、受けられるレッスンの回数が少ない場合があるので注意してください。

「回数制プランって何?」という方は以下の記事をチェック!

スクール名受講料
ECCオンラインレッスン回数制プラン
月2回:月額990円
月4回:月額2,310円
月8回:月額4,950円
月13回:月額8,250円
エイゴックス回数制プラン
月5回:月額2,178円
月10回:月額4,290円
月20回:月額7,500円
月30回:月額11,100円
月140回:月額39,200円

毎日プラン
1日1レッスン:月額6,380円
産経オンラインお試しプラン
5回:月額2,640円

毎日プラン
1日1レッスン:月額6,380円
1日2レッスン:月額12,100円
ウィリーズ英語塾週1回:月額2,640円
週2回:月額4,840円
週3回:月額6,930円
週4回:月額9,020円
週5回:月額10,780円
レアジョブ英会話日常英会話コース
月8回:月額4,620円
1日1レッスン:月額6,380円

ビジネス英会話コース
1日1レッスン:月額10,780円

※無料登録から7日間以内の申し込みで初月半額!
日常英会話コース
1日1レッスン:月額6,380円▶️月額3,190円
ビジネス英会話コース
1日1レッスン:月額10,780円▶️月額5,390円
DMM英会話
↑筆者イチオシ
スタンダードプラン
1日1レッスン:月額6,480円
1日2レッスン:月額10,780円
1日3レッスン:月額15,180円

無料体験から3日以内のスタンダードプラン入会で初月50%オフ!
1日1レッスン:月額6,480円▶︎月額3,240円
1日2レッスン:月額10,780円▶︎月額5,390円
1日3レッスン:月額15,180円▶︎月額7,590円
Universal Speaking回数制プラン
月3回:月額3,300円
月5回:月額5,500円
月7回:月額7,700円
月10回:月額11,000円
月22回:月額22,000円
大人の英会話倶楽部回数制プラン
10回程度:月額3,800円
15回程度:月額6,000円
25回程度:月額10,000円
ENGLISH BELL回数制プラン
5回:月額3,861円
10回:月額6,336円
20回:月額9,702円
40回:月額17,721円
QQEnglish回数制プラン
8回:月額4,053円
16回:月額7,348円
30回:月額10,648円
hanaso回数制プラン
8回:月額4,400円
12回:月額6,270円
16回:月額7,920円
週2回25分:月額4,180円
週2回50分:月額6,380円

毎日プラン
1日1レッスン:月額6,578円
1日2レッスン:月額12,078円
クラウティ全時間帯レッスンできるプラン
1日最大2レッスン:月額7,150円
1日最大4レッスン:月額10,780円

16:00まで限定でレッスンが受けられるプラン
1日最大2レッスン:月額4,950円
1日最大4レッスン:月額8,800円
キャンブリー 週1回30分(月4回):月額5,390円
週1回60分(月4回):月額9,690円
週3回30分(月12回):月額14,390円
Kimini英会話スタンダードプラン
1日1レッスン:月額6,028円

ダブルプラン
1日2レッスン:月額10,428円
ネイティブキャンププレミアムプラン
回数無制限:月額6,480円
マイチューター回数制プラン
8回:月額6,980円
12回:月額7,980円
16回:月額9,980円
20回:月額11,980円
30回:月額15,980円

※料金は全て税込です

色んなスクールがあって、結局どこがいいんだか……

レッスンは毎日受けるに越したことはありません。ただし忙しくて時間が取れないのなら無理に毎日レッスンを受けずに回数制プランを選ぶのも選択肢の一つです。

どのスクールか悩む方は、DMM英会話の初月半額キャンペーンを利用して「本当に毎日受けられそうかどうか」をお得に確認しましょう

フィリピン人講師のレッスンが受けられるおすすめオンライン英会話スクール3選

「フィリピン人講師が在籍するスクールは数が多すぎてどこを選べばいいか分からない」と悩む方は多いです。そこで、フィリピン人講師が在籍する16のスクールから「業界No.1」の特徴を持つ3つのスクールをピックアップして紹介します。

DMM英会話

プラン/料金スタンダードプラン
1日1レッスン:月額6,480円
1日2レッスン:月額10,780円
1日3レッスン:月額15,180円

無料体験から3日以内のスタンダードプラン入会で初月50%オフ!
1日1レッスン:月額6,480円▶︎月額3,240円
1日2レッスン:月額10,780円▶︎月額5,390円
1日3レッスン:月額15,180円▶︎月額7,590円

プラスネイティブプラン
1日1レッスン:月額15,800円
1日2レッスン:月額31,200円
1日3レッスン:月額45,100円
無料体験2回
受講可能時間帯24時間
公式サイトhttps://eikaiwa.dmm.com/

DMM英会話は、業界最大手のオンライン英会話スクールです。業界最多の133ヶ国10,000人以上の講師が在籍しています。

業界最大手ということでテレビCMもたくさん打っています。矢作さんとアイクさんの以下のCM、見たことありませんか?

DMM英会話には133ヶ国の講師がいて、スタンダードプランでは、日本人講師やアメリカ人講師を除く、126ヶ国の講師のレッスンが受けられます。基本はフィリピン人講師のレッスンを受けつつ、気分転換に色んな国の講師のレッスンを受けるのも楽しいですよ。

/初めての方限定!初月6,480円→3,240円\

レアジョブ英会話

プラン/料金日常英会話コース
月8回:月額4,620円
1日1レッスン:月額6,380円

ビジネス英会話コース
1日1レッスン:10,780円

※無料登録から7日間以内の申し込みで初月半額!
日常英会話コース
1日1レッスン:月額6,380円▶️月額3,190円

ビジネス英会話コース
1日1レッスン:月額10,780円▶️月額5,390円
無料体験2回
受講可能時間帯6時〜翌1時
公式サイトhttps://www.rarejob.com/

レアジョブ英会話の講師はフィリピン人のみで、合計で6,000人のフィリピン人講師が在籍しています。このフィリピン人講師の在籍数は、オンライン英会話業界最多です。

職業や専攻分野、趣味など、本当にあらゆる背景を持つフィリピン人講師がいるので、あなたと相性ぴったりなこと間違いなしです。

/初めての方限定!初月6,380円→3,190円\

ネイティブキャンプ

プラン/料金プレミアムプランレッスン
回数無制限:月額6,480円
無料体験7日間
受講可能時間帯24時間
公式サイトhttps://nativecamp.net/

ネイティブキャンプは、オンライン英会話業界で唯一、回数無制限でレッスンが受けられるスクールです。極端な話、1日に5回でも10回でも英会話レッスンを受けられます。

よって、1日1回以上英会話レッスンを受けられるのであれば、他スクールよりもネイティブキャンプを受講すべきです。

無料体験も、他スクールのように1回や2回ではなく、7日間好きなだけレッスンを受けられます。「1日1回以上レッスンを受けられるか分からない」という方は、無料体験で試してみましょう。

/初めての方限定!7日間無料体験受け放題\

紹介した3つのスクールなら、どこを選んでも後悔はしないでしょう。しかしどこを選べばいいか分からないのであれば、業界最大手のDMM英会話から受けてみてください

まとめ:フィリピン人講師のオンライン英会話を英語習得のスタートに!

オンライン英会話にフィリピン人講師が多い理由は次の3つです。

  • 人件費が安いから
  • 英語話者の数が世界5位だから
  • 時差が少ないから

またフィリピン人講師の訛りはゼロではありません。しかしアメリカ英語に近い英語を話し、それでいて日本人にとって聞き取りやすいです。

「これからオンライン英会話を始めよう」と思っているのであれば、フィリピン人講師のレッスンが受けられるスクールから受講すべきです。

フィリピン人講師のレッスンが受けられるおすすめオンライン英会話スクール3選」に戻って、あなたに合ったスクールを探してみましょう。

1日たったの25分のフィリピン人講師とのオンライン英会話を積み重ねるだけで、一生ものの英語力が手に入りますよ。

この記事を書いた人
凡人

✔︎学生時代にTOEIC870点取得→英語講師6年→貿易会社勤務

英会話が苦手なことがコンプレックスでオンライン英会話を受講。オンライン英会話にどっぷりハマり、今では難なく英会話ができるように!

オンライン英会話の魅力を日本中に広めるべく当サイトを運営。

趣味はボーッとすること。

Twitterもフォローしてね!!
オンライン英会話
Twitterもフォローしてね!!
#オンライン英会話のある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました