【千円オフ限定クーポン有】スピトレ口コミ・評判まとめ【6ヶ月プランを受講】

評判
この記事を読むと分かること
  • スピトレの特徴・メリット4つ
  • 私がスピトレ6ヶ月コースをやってみた感想
  • 当サイト限定のクーポンコード
    などなど……

スピトレについて気になっています。スピトレを使った勉強の流れや、他サービスと比べた際のメリットなどについて教えてください

本記事ではこういった疑問を解決します。

スピトレは、ビジネス英語特化型の瞬間英作文教材です。瞬間英作文教材は英語初心者向けのものが多い中、スピトレの対象はTOEIC600〜800点レベル。英語中級者でも満足できるレベルの教材となっています。

私は現在スピトレの6ヶ月コースを受講中です。私が受講してみて感じたことを全て本音でお伝えしますね

スピトレの6ヶ月プランを受講中です!

記事を最後までチェックすれば、あなたがスピトレを受講すべきかどうかが分かりますよ。またスピトレを使ってビジネス英語力を上達させるまでの流れが明確になります。

以下は当サイト限定の1,000円割引クーポンです。申し込みの際は、クーポンをコピーしてお使いください。

LIFEWITHONLINEENGLISH
3レッスンの無料トライアルあり
クーポンコード:LIFEWITHONLINEENGLISH
スクール名スピトレ
公式サイトhttps://spitore.com/
運営会社名株式会社スピトレ
本社所在地東京都渋谷区渋谷2-19-15宮益坂ビルディング609
設立2021年12月
受講料12,800〜39,800円
無料体験あり
スポンサーリンク

スピトレの概要&学習の進め方

スピトレは、ビジネス英会話力を向上させるための瞬間英作文教材です。

スピトレを使った学習の流れについて、簡単にまとめました。

スピトレを使った学習の流れ
  • まず受講するレッスンを選びます。
  • レッスンで学ぶ表現(2つ)を確認します。
  • 制限時間内に瞬間英作文をします。

    制限時間は1〜30秒まで1秒単位で選べますが、初期設定の10秒のままで問題ないでしょう。

    最初は10秒以内に言えないと思いますが、最終的に10秒で言えるようになれればOKです。

  • 正解を確認します。

    「言えた・微妙・言えなかった」の中から1つを選択しましょう。完璧に言えなかった場合は、ナレーターの音声を聞きながら何十回も英文を発音します。

    ただ発音するだけでなく、シャドーイングをしたり自分の発音を録音してナレーターの音声と聴き比べたりするとより効果的です。

  • 残りの9問も同じような流れで解きます。

3レッスンの無料トライアルあり
クーポンコード:LIFEWITHONLINEENGLISH

スピトレならではの4つの特徴・メリット

スピトレならではの特徴・メリットは以下の4つです。

  • ビジネスシーンに特化した瞬間英作文教材
  • 圧倒的な発話量を確保できる
  • 目標設定機能で頑張りを見える化&無理なく継続
  • 無料トライアル

ビジネスシーンに特化した瞬間英作文教材

スピトレは、ビジネス英語に特化した瞬間英作文教材です。スピトレでは、以下8つのシーンについて学べます。

社内コミュニケーションクライアント
外注先とのやりとり
会議転職活動営業活動電話
メールコミュニケーション
戦略立案
プロジェクト
その他
社内・執務室での表現
出勤・退勤
資料を作成する
休暇を取る
引継ぎ業務
部下と1on1をする
上司と1on1をする
デザインを確認する
上司や同僚を褒める
時事問題について話す
記事の構成を確認する
入社時のコミュニケーション
相手の話を聞き出す
改善点を伝える
社外の人との会議・アポイント
社外の人とのテレカン
社外プレゼンテーション
社外とのコミュニケーション
社内・会議(ファシリテーション)
社内・会議(参加者)
社内・会議(書記・議事録)
社内・会議(タイムキーパー)
転職活動をする
面接を受ける
退職の意思を伝える
営業活動をする
営業戦略を考える
クレーム対応
メール
電話対応
事業計画を考える
プロジェクトを進める①kick-pff編
プロジェクトを進める②on-going編
プロジェクトを進める③evaluate編
人材を募集する
出張準備
会食
経費申請する
人事評価を伝える
表彰される

そもそもビジネス英語に特化した瞬間英作文教材は少ないです。そして瞬間英作文教材の中でも、ここまでシーンごとに細かく学べる教材は他にありません。

瞬間英作文教材で最も有名なのは「話すための瞬間英作文トレーニング」シリーズです。しかし話すための瞬間英作文トレーニングは、ビジネス英語ではなく日常英会話を扱った教材ですし、収録されている英文のレベルも低すぎます。

市販の瞬間英作文教材には、以下のような簡単な英文も収録されています

  • I’m hungry.
  • I’m tired.

英語初心者には良い教材ですが、TOEIC600点レベル以上の英語中上級者には退屈です。

一方スピトレは以下のように、TOEIC600〜800点の方でも簡単には正解できない瞬間英作文問題ばかりが収録されています。

prepare the materials(資料を作成する)の表現を学ぶレッスンの例
  • Please prepare the materials for the proposal.
  • I need a volunteer to prepare the materials for the proposal.

正直に言います。私は現在TOEIC870点ですが、スピトレの「社内コミュニケーション-社内・執務室での表現」を解いた時、1問も完璧に正解することはできませんでした

軽いダンベルを何度持ち上げても、筋肉はつきません。同じように、簡単な文章をいくら英作文しても英語力は上達しません。

スピトレなら、ビジネス英語を高負荷で学習できます。スピトレは、ビジネス英語を学べて解きごたえがある瞬間英作文教材を探している方にぴったりの教材です。

圧倒的な発話量を確保できる

スピトレを使えば、強制的に英語を発話する機会を確保できます。「英語を発話する機会」は普段英語を話す機会が全くない日本人にとって貴重なものです。

確かに英会話スクールでも英語を話せます。しかし実は講師が話している時間の割合が意外と高く、あなたが英語を話す時間はそれほど長くありません

一方スピトレに本気で取り組めば、1つの英文を1回や2回ではなく、30回40回と音読します。わずか数分のうちに30回40回と英文を音読するこの密度は、英会話レッスンの比じゃありません。

え、1回読んで終わりじゃないの?

ただ問題を解くだけであれば、1回読んで終わりです。しかし身になるように工夫して取り組むと、自然と30回40回は同じ英文を音読することになりますよ。

例えば私は気になった英文のみ、以下のような流れで音読しています。

スピトレの効果的な音読方法
  • 1回目
    素直に瞬間英作文の問題を解く
  • 2〜15回目
    答えを確認し、ナレーターの音声と聞き比べながら何度も音読する

    この段階で日本語を見ずとも英文を丸ごと読めるくらい、英文が頭の中に記憶されます。

  • 16〜25回目
    ナレーターの音声と同時に英語を読んでシャドーイング

    この段階でナレーターと同じスピード感で英文を読めるようになります。

  • 26〜40回目
    スマホの録音機能で自分の英語を録音して、ナレーターの英語との差を修正

ちょっと疲れている時はもう少し回数を減らしますが、普段は大体上記のような流れで学習を進めています。

文字にしてみると大変そうですが、「TOEICスコアだけじゃなく、英語が話せるようになりたい」という気持ちがあるので、そこまで苦にならないんですよね

1つの英文をここまで何度も音読すれば、その英文は確実に覚えられます。またネイティブに近いスピード感や発音も身につきますよ。

英文を読む回数が決まっているわけではありませんが、英文の発話量はあなたのやる気次第で無限大です

目標設定機能で頑張りを見える化&無理なく継続

スピトレには目標設定機能があり、以下3つの項目を設定できます。

  • 1日あたりのレッスン数
  • 学習する曜日
  • 英作文の秒数

私は以下のように設定しています。

無理のない目標を設定して、学習を継続しましょう。学習時間や目標達成率は数値化されるので「今週はあとどのくらい頑張ればいいのか」「普段どのくらい頑張っているのか」が見える化され、やる気につながりますよ。

目標設定は以下の手順で行うとスムーズです。

スピトレの目標設定方法
  • 手順①
    学びたい単元がいくつあるのか確認する

    例えば会食で英語を使う予定がないのなら「会食」は除外するなどして、学ぶべき単元を絞り込みます。1つの単元に10のレッスンがあります。

    余裕があれば全ての単元を学びましょう。

  • 手順②
    週に何日スピトレを学習するか決める

    スピトレを学習する曜日も固定してしまいましょう。曜日を固定することで、学習を習慣化しやすくなります。

  • 手順③
    1日あたりのレッスン数を算出する

    1日あたりのレッスン数は以下の式で算出されます。

    (単元数×10)÷受講日数=1日あたりのレッスン数

    受講日数の計算方法

    例えば6ヶ月プランで週5日学習する場合、1ヶ月(4週間)の学習日はおよそ20日となり、6ヶ月の受講日数は120日となります。

    ちなみに6ヶ月プランを週5日で学習して全てのレッスンを受講する場合、1日のレッスン数は以下の通り。

    (40×10)÷120=3.3

    つまり1日平均3.3レッスン受ければよい計算になります。

    1日のレッスン数を1〜3に調整して、その分1つのレッスンにじっくり時間をかけるといいですよ。

無料トライアル

スピトレには無料トライアルがあります。無料トライアルでは、合計3レッスン学習できます。

スピトレには、6ヶ月・12ヶ月・無制限の3つのプランがあります。無料トライアルで1レッスンにどのくらいの時間がかかるかを検証し、そこから必要な受講期間を算出してみるといいですよ。

無料トライアルへの申し込みは1分もかかりません!

LIFEWITHONLINEENGLISH
3レッスンの無料トライアルあり
クーポンコード:LIFEWITHONLINEENGLISH

スピトレの料金プランは全部で3つ

スピトレの料金プランは全部で3つです。

短期集中
6ヶ月プラン
おすすめ!
しっかり学習
12ヶ月プラン
自分のペースでじっくり学習
無期限買切りプラン
受講期間6ヶ月12ヶ月無期限
受講料12,800円19,800円29,800円
期間終了後継続する際の
月額受講料
1,800円1,500円追加料金不要
学習量の目安週5日
1日3〜4レッスン
週3日
1日2〜3レッスン
自由
※料金は全て税込です。

1番のおすすめは、短期集中6ヶ月プランです。なぜならスピトレはあくまでステップアップのための教材にすぎないから。

1年も2年もかけてスピトレを学ぶよりも、短期間で一気に学習してしまって、SpeaKing Campのようなもう1段階難易度が高い教材に移るべきです。

関連記事:【千円オフ限定クーポンあり】SpeaKing Camp口コミ・評判まとめ【6ヶ月コースをやってみた】

6ヶ月プランは料金も3つの中で一番安いので、気軽に手を出しやすいです

料金が一番安いのは6ヶ月プランだけど、継続する際の月額受講料を考えるとコスパが悪いのでは?

短期集中6ヶ月プランを継続する際の受講料は月額1,800円。6ヶ月プラン終了後に6ヶ月延長して合計12ヶ月受講する場合の受講料は、以下のようになります。

12,800+(1,800×6)=23,600円

最初から12ヶ月プランを受講した場合の19,800円と比べると3,800円高いです。ただしそもそも受講期間がどのくらいになるかは事前に決められないので「3,800円損するかもしれない」という点については許容すべきでしょう。

それよりも12ヶ月プランを購入して12ヶ月以内に学習を終えてしまった時の方が損をします。

「無料体験→6ヶ月プランを受講→学習期間が足りなければ月額受講料を払って継続」の流れがベストです。ただし金銭的に余裕があるのなら無期限買切りプランでも構いません

3レッスンの無料トライアルあり
クーポンコード:LIFEWITHONLINEENGLISH

当サイト管理人がスピトレを実際にやってみた

スピトレの一番最初のレッスン「社内コミュニケーション-社内・執務室での表現-部署が変わる、異動する」を解いてみた時の様子を皆さんに共有します。

あなたも一緒に解いてみてください。

10問全て共有すると流石に長くなるので、最初の3問を解く様子のみ共有しますね

スピトレをやってみた
  • レッスン開始
  • 1問目
    • 私の回答:One of my colleague changed department to the marketing department.
    • 模範回答:One of my colleagues has changed to the marketing department.

    どこをなぜ間違えていたのかを調べます。

    • 現在完了形を使う
    • one of の後は複数形になる

    何度も繰り返し音読(シャドーイング・録音も含む)をして次の問題に進みます。

    ”changed department”のミスは普通しないはずですが、考える時間が短い瞬間英作文なのでついやってしまいました…

  • 2問目
    • 私の回答:I’m thinking that I tell my supervisor I want to change department.
    • 模範回答:I am planning to tell my boss that I want to change the department.

    「思っています=”think”」と反射的に考えてしまったのが間違いの最大の原因だと思います。

    他のレッスンで「”supervisor”=上司」と出てきたので”supervisor”の間違いについては気にする必要はないでしょう。

    一応bossとsupervisorの違いを調べてみると以下のように記載されていました

    • boss:カジュアルな言い回し
    • supervisor:フォーマルな言い回し。文書でよく使われる

    何度も繰り返し音読(シャドーイング・録音も含む)をして次の問題に進みます。

  • 3問目
    • 私の回答:My office mates are asking whether I change department.
    • 模範回答:My office mates are asking whether it is true that I am changing department.

    元々“office mates”という言葉は知らなかったのですが、前のレッスンで学んだので今回は使えました。

    スピトレでは前のレッスンで学んだ表現が次のレッスンでもさりげなく登場してくれるので、良い復習の機会になります。

スピトレを数週間やってみて得た気付きは以下の通りです。

  • 分からないことはその場で調べてメモしておくべき
  • とにかく何度も何度も音読するべき
  • 最初は正解できなくて当然で、数日後に同じレッスンを解いた時に正解できるようになっていればOK

ただ問題をこなすのではなく、上記を意識して学習することで、スピトレの効果を最大限に発揮できますよ。

3レッスンの無料トライアルあり
クーポンコード:LIFEWITHONLINEENGLISH

スピトレとSpeaKing Biz・SpeaKing Campを比較

ビジネス英語に特化した瞬間英作文教材は、スピトレだけではありません。

今回はスピトレと内容が近く、よく比較対象に挙げられるSpeaKing Biz・SpeaKing Campを、スピトレと比較してみました。

受講料対象詳細記事へジャンプ
スピトレ6ヶ月:12,800円(最安)
12ヶ月:19,800円
無期限:29,800円
TOEIC600〜800レベル
SpeaKing Biz6ヶ月:14,800円
12ヶ月:19,800円
24ヶ月:29,800円
TOEIC600〜800レベル詳細記事
SpeaKing Camp6ヶ月:14,800円
12ヶ月:19,800円
24ヶ月:29,800円
TOEIC900〜レベル詳細記事
※料金は全て税込です。

3つとも受講料や料金プランがほとんど同じですね(笑)

3つとも6ヶ月プランを受講したことがある私の経験から伝えると、SpeaKing Campは難易度が圧倒的に高いです。よって選択肢から除外してスピトレとSpeaKing Bizを比較すると良いですよ。

個人的にはスピトレの方が学べる単元が詳細に分かれているのと、画面が見やすく使いやすいのでおすすめです。料金も一番お得です

3レッスンの無料トライアルあり
クーポンコード:LIFEWITHONLINEENGLISH

【当サイト限定】スピトレの割引クーポンコードについて

申し込み時にクーポンコード「LIFEWITHONLINEENGLISH」と入力することで1,000円オフの割引が受けられます。

「LIFEWITHONLINEENGLISH」は当サイト名「#オンライン英会話のある生活」を英訳したものです!

当サイト限定のクーポンコードなので、ぜひ以下よりコピーしてお使いください

LIFEWITHONLINEENGLISH
3レッスンの無料トライアルあり
クーポンコード:LIFEWITHONLINEENGLISH

まとめ

スピトレについて解説しました。スピトレはTOEIC600〜800点レベルの方で「TOEICはそこそこだけどビジネス英会話がイマイチ…」という方にぴったりの教材です。

無料体験時にはお得な1000円OFFクーポンの入力を忘れずに。

3レッスンの無料トライアルあり
クーポンコード:LIFEWITHONLINEENGLISH
この記事を書いた人
凡人

✔︎学生時代にTOEIC870点取得→英語講師6年→貿易会社勤務

英会話が苦手なことがコンプレックスでオンライン英会話を受講。オンライン英会話にどっぷりハマり、今では難なく英会話ができるように!

オンライン英会話の魅力を日本中に広めるべく当サイトを運営。

趣味はボーッとすること。

Twitterもフォローしてね!!
評判
スポンサーリンク
Twitterもフォローしてね!!
#オンライン英会話のある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました