【DBD】メメント・モリとは?全キラーの動画付きで具体的に解説

dbd メメモリ

メメモリされたドワイト君

DBDで「メメモリ」とか「メメントモリ」「ウルメメ」ってよく聞くけどどういう意味なんですか?種類や発動条件についても知りたいです。

こういった疑問にDBD歴2年の私がお答えします。

メメント・モリを1言で表すと、生存者を1撃で殺害することができる殺人鬼の能力(オファリングといいます)です。

メメント・モリについて徹底解説していくので3分ほどお付き合いくださいませ。

メメント・モリとは?


「メメント・モリ」略して「メメモリ」と呼びます。

「メメモリ」はキラーが使えるオファリング(能力)の1つです。

「メメモリ」を使うことでキラーはサバイバーを殺害することができるようになります。

フックに吊るさず、自らの手で殺害する能力、恐ろしいですね・・・

「メメモリ」のシーンだけを集めた悪趣味な動画を見つけたので、興味と覚悟がある方はご覧ください。

余談ですが「メメント・モリ」はラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」、「死を忘るなかれ」 という意味らしいです。ひぇ~

メメント・モリの発動条件

キラーがメメモリを使うには2つ条件があります。

  • オファリング「メメント・モリ」を使用する。
  • フックに吊るしたことのあるサバイバーを瀕死状態にする。

1つずつ解説していきます。

①オファリング「メメントモリ」を使用する。

「メメモリ」を発動させるためにはオファリングの「メメントモリ」を使用する必要があります。

DBD メメントモリ

↑の画像の場所でオファリングのメメントモリを選びます。

オファリング「メメントモリ」には3種類ありますが、それぞれの効果については後述します。

②フックに吊るしたことのあるサバイバーを瀕死状態にする。

「メメモリ」は無条件でサバイバーを殺害できるわけではありません。

  1. サバイバーをフックに吊るす
  2. フックに吊るしたことのあるサバイバーを再び瀕死状態にする

上記の条件を満たして始めて「メメモリ」することができます。

メメモリを発動するためのボタンとしては、

再び瀕死状態になったサバイバーの上でpc版では[M1(マウス左)]を長押し、PS4版では[R2]を長押しすることで「メメモリ」が発動します。

ちなみに長押しせずに途中で手を放してしまうと、メメモリのモーションの途中でメメモリがキャンセルされてしまいます。

これを何度も繰り返すと煽りと思われるので注意しましょう(笑)

メメント・モリ3種類の効果を比較


「メメモリ」にはレア度ごとに3種類あります。

  • 黒檀のメメント・モリ(ウルメメ)
  • 象牙のメメント・モリ
  • 糸杉のメメント・モリ

それぞれ効果が違うので解説していきます。

黒檀のメメント・モリ(ウルメメ)

キング・オブ・メメモリがこの「黒檀のメメント・モリ」です。

ウルトラレアオファリングのメメモリなので略して「ウルメメ」と呼ばれています。

「黒檀のメメント・モリ 」の効果は

次回マッチ中、自らの手でフックに吊ったことがある生存者を全員殺害する能力を得る。

つまりサバイバー側からすると、1回吊られてしまっただけでリーチです。恐ろしすぎるオファリングですね。

キラーが「ウルメメ」を使用した場合、よっぽどキラーが下手じゃない限りキラーの勝ち確定です。

サバイバー側の対策としては

  • 隠密重視の立ち回りをする
  • 吊られたことがないサバイバーが積極的にチェイスを引き受ける

です。

1人が狙われて開始数分で1人目がメメモリされることだけは避けたいです。

象牙のメメント・モリ

レアオファリングのメメモリ「象牙のメメント・モリ」です。

「象牙のメメント・モリ」の効果は

次回マッチ中、自らの手でフックに吊ったことがある生存者を1人殺害する能力を得る。

「ウルメメ」と異なるのは、「1人しかメメントすることができない」という点です。

サバイバー側の対策としては「ウルメメ」と同じですが、序盤でメメントされないようにすることです。

序盤に4人いるのと3人しかいないのとでは状況が全く異なりますからね。

逆にキラー側はいかに序盤にメメントするかだと思います。

糸杉のメメント・モリ

アンコモンオファリングのメメモリ「糸杉のメメント・モリ」です。

「糸杉のメメント・モリ」の 効果は

次回マッチ中、自らの手で最後の生存者を殺害する能力を得る。

一番レア度の低い「メメモリ」です。

最後の生存者を瀕死にした時点でほぼ確実に吊るすことができるのでそんなに強くないです。

強い点を挙げるとすれば、最後の生存者が「決死の覚悟(ストライク)」持ちの場合にも担がずに殺害できることくらいです。まぁ60秒待てばストライクは発動しないのでメメモリなくてもいいんですけどね(笑)

実際に使うのは「デイリーリチュアル(デイリーミッション)」で「サバイバーの殺害」が条件に出てきた時くらいだと思います。

メメント・モリの判別方法


「メメモリ」はシークレットオファリングなので試合開始前のオファリング公開画面でオファリングが公開されません。

↓画像の位置にシークレットと書いてあるのが分かると思います。

つまりシークレットオファリングが使われているとわかった場合はメメモリだと思ってほぼ間違いないです。シークレットオファリングは他にもいくつかあるのですがメメモリ以外はほとんど使われる機会はないです。

番外編 禁断のメメモリ「立ちメメ」とは?


ここまでメメモリには3種類あると解説しました。しかし実はもう1つ、正確にはメメモリではないのですが「立ちメメ」と呼ばれているものがあります。

それはシェイプ(マイケル)のウルトラレアアドオン「ジュディスの墓石」です。

Lv3の時、無傷または負傷している生存者を殺害する事ができる。
LV3になると、凝視することができなくなる。
LV3になるまでに必要な邪悪さの量がとてつもなく増加する(+200%)。
移動速度がそこそこ低下する(-9%)。
※生存者に近づき攻撃キーで殺害

立ったままサバイバーを殺害できるということで「立ちメメ」と呼ばれています。

「立ちメメ」の動画はコチラ↓

お、恐ろしいですね・・・

「ジュディスの墓石 」の効果を発動するには「内なる邪悪Ⅲ」にする必要があります。しかし 「ジュディスの墓石」の効果で 「内なる邪悪Ⅲ」にするための時間が2倍必要になります。

そこで使いたいアドオンが「いい香りがする髪の毛の束」 です。

LV3の持続時間が無限となる。
LV3になるまでに必要な邪悪さの量がとてつもなく増加する(+200%)。

このアドオンを使うことで、「内なる邪悪Ⅲ」までの時間がとてつもなく増加しますが、「内なる邪悪Ⅲ」を永続できる「永続立ちメメ」という状態にすることができます。

おそらくこの「永続立ちメメ」がDBDのキラーで最も強い状態だと思います。

「内なる邪悪Ⅲ」にするのとゼロ距離で攻撃ボタンを押さないといけないのが難しいですが、それにしても最強です。

以上合計4種のメメモリについて解説しました。サバイバーはメメモリされないように、キラーはメメモリしまくれるように頑張ってください。

関連記事まとめ

>>DBD全キラーの元ネタ・過去・映画・メメモリまとめ記事はコチラ

【DBD】キラーの元ネタ・過去・映画・メメモリ

>>DBDキラーの元ネタ映画を無料で見たい方はコチラ

【DBD】元ネタ映画をフル動画で無料で見る!あらすじ・見どころもおさらい!

>>DBDキラー・サバイバーのコスプレについてはコチラ

dbd 【ハロウィン】DBDキラー・サバイバーの全コスプレまとめ【通販販売】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です