【たったの15分】オンライン英会話の予習法3つと復習法5つを紹介

オンライン英会話

オンライン英会話ってやっぱり予習や復習も必要?もし必要なら具体的にどういった予習や復習をすればいいの?

こういった悩みを解決します!

私は4年以上オンライン英会話を受講していますが、予習も復習も必要だと断言します。

予習がなければレッスンはうまくいきませんし、復習がなければレッスンで学んだことをすぐに忘れてしまいます。

しかし30分や1時間の予習・復習が必要なわけではありません。本記事では5分でできる予習10分でできる復習を紹介します。

3つの予習と5つの復習を紹介しますが、どれも簡単に実践できるので、気軽な気持ちで読み進めてみてください。

復習ノートに関する情報は復習ノートを作成するをご確認ください!

オンライン英会話の予習・復習はなんのためにする?

オンライン英会話の予習・復習の具体的な方法を紹介する前に、まずはなぜ予習や復習が必要なのかについて知っておきましょう。

予習はたった25分のレッスンを有意義に活用するため

オンライン英会話のレッスン時間は、たったの25分です。

学校の授業や通学型英会話スクールのレッスンと比べると、1回あたりのレッスン時間は短いです。

確かに学校の授業は50分だし、通学型英会話スクールのレッスンは1回40〜60分くらいだよなぁ

その代わりオンライン英会話では、月額6,000円程度の受講料で毎日英会話レッスンが受けられます。

通学型の英会話スクールだとレッスンは週に1〜2回だけ。通学も面倒だな。

オンライン英会話のレッスン時間は25分しかないので、短いレッスン時間を如何に有意義な時間にするかを考えなければなりません。

そして、短いレッスン時間を有意義な時間にするために必要なのが予習です。

分からない単語が多かったり、講師の英語がうまく聞き取れなかったりすれば、

  • ”What does it mean?”「それってどういう意味ですか?」
  • ”Could you say that again?”「もう一度言ってくれませんか」

と質問する機会が増えます。こういった基礎的な質問の増加は、レッスン時間を圧迫しかねません。

英会話レッスンで使用する教材は、レッスン開始前から閲覧可能です。事前に教材を使って予習をすることで、こういった基礎的な内容に関する質問が減り、レッスンはより有意義になります。

具体的には、講師と英語でやりとりをする時間が増えたり、雑談する時間が生まれたりします(実は雑談の時間が一番大切だと私は考えています)。

私も予習ゼロで臨んだレッスンで、時間内に教材の最後まで到達しなかった経験が3度ほどあります。

オンライン英会話レッスンを、密度の薄い25分から密度の濃い25分にするために、予習は大切です。

復習は一度学んだことを忘れないようにするため

残念ながら人間の脳味噌はコンピューターのように完璧ではありません。レッスンを受講して新しい知識を得ても、時間が経てばほとんどのことは忘れてしまいます。

ドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスの発表した「エビングハウスの忘却曲線」によると、暗記した記憶は以下のように忘れてしまうとされています。

  • 20分後=42%を忘れる
  • 1時間後=56%を忘れる
  • 9時間後=64%を忘れる
  • 1日後=67%を忘れる
  • 2日後=72%を忘れる
  • 6日後=75%を忘れる
  • 31日後=79%を忘れる

1ヶ月で80%も忘れてしまうのか…

しかし上記の表は復習を一切しなければの話です。的確なタイミングで復習を行えば、記憶の忘却を防ぎ、最終的には一生忘れない記憶として脳に刻まれます。

記憶の忘却を防ぐために最適な復習のタイミングは以下の通りです。

レッスンから、

  • 24時間以内に1回
  • 1週間以内に1回
  • 1ヶ月以内に1回

の合計3回。

多くのオンライン英会話スクールでは、順番に教材を進めて行けば、途中で復習回があります。この復習回が上記の表の、

  • 1週間以内に1回
  • 1ヶ月以内に1回

の復習の役割を果たしてくれます。

例えば私が現在受講しているレアジョブ英会話では、以下画像のように5レッスンに1回、復習の機会が設けられています。

つまりレッスン直後に自分自身で復習を行えば、後はスクールの教材を順番に進めていくだけで、十分な復習の機会を確保できるということです。

せっかく25分間の英会話レッスンを受けたのに1ヶ月後には8割忘れてしまうのではもったいないですよね。なのでレッスン後の復習は大切です。

「予習・復習は不要」は大きな間違い

毎日25分間英会話レッスンを受けるだけでもすごいんだから、予習や復習は不要なのでは?

確かに何も行動していない方と比べれば、毎日英会話レッスンを受けているだけでも十分すごいです。

しかしただレッスンを受けるだけで英会話が習得できるほど英語は甘くありません。

1日25分の英会話レッスンはアウトプットの量としては十分です。しかし1日の英語学習時間としては不十分です。

どんなに短くても1日1時間は英語学習時間を確保したいところ。

「日本の社会人が英語を習得するには、最低でも1,000時間は必要」とも言われています。その場合、1日1時間の学習で2年半〜3年かかります。

一方オンライン英会話レッスンを1日25分受けるだけだと、英語習得までにその倍の5〜6年の期間が必要です。

5〜6年か…ワシは何歳になってしまうんじゃ。

おすすめはオンライン英会話関連で40分単語などの他の学習で20分合計1時間です(あくまで最低ラインです)。

オンライン英会話関連の学習40分の内訳は以下の通りです。

  • 予習5分
  • レッスン25分
  • 復習10分

レッスンだけの25分とレッスンに予習と復習を加えた40分。たったの15分しか変わりませんが、英会話の伸びは大きく異なります。

「レッスンを受けているだけでもすごいから」と満足するのではなく、日々のオンライン英会話レッスンに予習と復習をプラスαしましょう。

「予習・復習は不要」は大きな間違いです。

オンライン英会話の効果的な予習方法3つ

オンライン英会話の効果的な予習方法は次の3つです。

  • 音読
  • 単語の意味を調べる
  • (フリートークの場合は)話題を考えておく

英語学習は継続が第一なので、無理をして長い時間予習をする必要はありません。これは復習においても同じです。

「レッスン前5分にレッスン画面にアクセスし、そこで予習をする」くらいの軽い気持ちでオンライン英会話レッスンの予習に臨んでください。

音読

教材は、レッスン外の時間でも自由に閲覧できます。レッスン開始5分前にレッスン画面にアクセスもしくは教材を開き、まずは教材を一通り音読しましょう。

音読することで、レッスンの流れを大まかに把握し、レッスン内で尋ねられるであろう質問も事前に確認できます。

大まかな流れを知ってレッスンに臨むのと、何も知らずにレッスンに臨むのとでは、レッスンの受けやすさが全く異なります。

私も事前に音読の予習をせずに臨んだレッスンでは、”filler”(“Um〜”や”Uh〜”などの繋ぎ言葉)が多くなってしまい、レッスン後のフィードバックでよく指摘されます。

単語の意味を調べる

教材を一通り音読したら、次は単語の意味を調べます。自分のレベルに合った教材を使っていれば、1つの教材に1〜3個程度、意味が分からない単語が出てくるはずです。

レッスン内で、

”What does 〇〇 mean?”「〇〇ってどういう意味ですか?」

と尋ねることもできますが、事前に調べておいた方がレッスンはスムーズに進みます。

単語の意味は、Google検索をすれば簡単に調べられます。以下の画像のように発音も一緒に確認しておきましょう。以下画像の赤枠内にあるスピーカーのボタンを押せば、発音を確認できます。

音読の後に単語の意味を調べるのではなく、音読をしながら、意味の分からない単語を見つけたらその都度単語の意味を調べても構いません。

(フリートークの場合は)話題を考えておく

フリートークレッスンを受講する場合は、事前に話題を考えておきましょう。フリートークとは、教材を使わずに完全フリーで25分間英語で雑談をするレッスンのことです。

レッスンが始まってから話題を考えていては、レッスン時間が圧迫されてしまいます。

せっかくのフリートークだから25分間フルで話したいよなぁ。

話題が特に思い浮かばない方は以下のような話題がおすすめです。

  • 仕事に関する話題
  • その日の出来事に関する話題

上記の話題であれば、話のネタに尽きることはありません。

フリートークの話題一覧やフリートークができるオンライン英会話スクールについては、以下の記事をチェックしてみてください!

オンライン英会話の効果的な復習方法5つ

オンライン英会話の効果的な復習方法は次の5つです。

  • 音読
  • 復習ノートを作成する
  • SNSに投稿する
  • 録音した音声を聞く
  • 教材以外の会話を振り返ってみる

復習は「あとでやる」ではなく、講師がレッスンから退出したらすぐに始めましょう。フレッシュな状態での復習が最も効果的です。

今回は5つの方法を紹介しますが、全てを実践する必要はありません。できそうなものや興味があるものだけをピックアップして実践しましょう。

私も色々試しましたが、現在実施しているのは「音読」「SNSに投稿する」「教材以外の会話を振り返ってみる」の3つだけです。

音読

レッスンが終わったら、予習の時と同じように、教材を一通り音読しましょう。音読することで「ここは今回のレッスンで初めて知ったな」のように、レッスンで学んだ点を再確認できます。

またレッスン中はスラスラ読めなかった文章も、詰まらずにスラスラ読めるように再チャレンジしましょう。

復習ノートを作成する

オンライン英会話の教材は順番に沿って進めていきます。同じ教材を2度選択したり、前の教材に戻って受講したりする方は稀です。

よって、ただオンライン英会話レッスンを受けているだけでは、復習の機会がありません。

レアジョブ英会話のレッスンでは5回に1回復習レッスンがあるように、意図的に教材の中に復習レッスンが組み込まれていることはありますが…

そこで実践して欲しいのが、復習ノートの作成です。復習ノートを毎日のレッスン後に作成すれば、ノートを見返すだけで、「レッスン中に分からなかったこと」が一目で分かります。

復習ノートは決まったフォーマットがあるわけではなく、自由に作成していただいて構いません。

私が以前作った復習ノートの例の載せておきます!

復習ノートの具体的な作り方については、以下の記事で詳しく解説しています。

SNSに投稿する

レッスンで初めて知った単語や言い回しは、備忘録としてSNSに投稿しましょう。

SNSに投稿する文章をまとめること自体が復習になりますし、自分のタイムラインを見返せば、これまでの学習内容や新しく知った単語や言い回しが一目で分かります。

使用するSNSはTwitterがおすすめです。なぜなら140文字でレッスン内容を簡単にまとめられるから。

私も以下の画像のような形で、毎日オンライン英会話で新たに学んだ内容まとめて、投稿しています。

もちろん使用するSNSはInstagramやFacebookなど、他のSNSでも構いません。

友人をフォローしているアカウントで英語学習について投稿したくない場合は、別途新しいアカウントを作りましょう。

Twitterでは「#オンライン英会話のある生活」のハッシュタグで日々のレッスンでの学びを投稿しています。あなたもぜひこのハッシュタグと共に投稿してみてください。

私が”いいね”しに行きます(笑)

※「復習ノートの作成」と「SNSへの投稿」は、内容が似ているのでどちらか一方で十分です。

録音した音声を聞く

レッスンの音声を録音しておけば、レッスン後の復習に役立ちます。

レッスンの音声って録音してもいいの?それって規約違反では?

レッスン音声の録音自体は、規約で禁止されていません。ただしレッスンの音声を録音し、それを無断で公開することは規約で禁止されています。

またあなたの声だけでなく、講師の声まで録音したい時は、講師に一言許可をとっておきましょう。講師に許可を取る際は、以下のフレーズを使うといいですよ。

Can I record this lesson?「このレッスンを録音してもいいですか?」

自分の声だけを録音することもできるの?

パソコンとヘッドセットを使ってレッスンを行い、スマホなどの外部機器を使って録音を行えば、講師の声は入らず、あなたの声だけを録音できます。その場合は講師に許可を取る必要もありません。

オンライン英会話のヘッドセットについては、以下の記事をチェックしてみてください。

日本人英語学習者のほとんどは、自分がどのように英語を話しているのかを聞いたことがないはずです。

少し照れくさいかもしれませんが、自分の声を録音して聞いてみることで、自分の英語がどのように聞こえているのかどこを改善すべきなのかが見えてきます。

オンライン英会話レッスンの録音方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

教材以外の会話を振り返ってみる

オンライン英会話レッスンでは、初めての講師とレッスンをする際、レッスン最初の3〜5分を使って自己紹介します。またレッスン内ではたびたび雑談が発生します。

こういった教材以外の会話を振り返ってみることで、日常英会話力の向上につながります。レッスン後に、自己紹介や雑談でうまくいかなかった場面を思い出し「ああだったかなこうだったかな」と考えてみましょう。

まとめ:予習・復習でオンライン英会話の効果は最大限に!

オンライン英会話の予習方法3つと、復習方法5つを解説しました。オンライン英会話に予習復習は必要不可欠です。

予習は5分、復習は10分でよいので、早速本日の英会話レッスンから取り入れてみましょう。

もう一度予習方法から確認したい方は「オンライン英会話の効果的な予習方法3つ」に戻りましょう。

「これからオンライン英会話スクールを選ぶところ!」という方は、以下の記事を参考にしてみてください。

この記事を書いた人
凡人

✔︎学生時代にTOEIC870点取得→英語講師6年→貿易会社勤務

英会話が苦手なことがコンプレックスでオンライン英会話を受講。オンライン英会話にどっぷりハマり、今では難なく英会話ができるように!

オンライン英会話の魅力を日本中に広めるべく当サイトを運営。

趣味はボーッとすること。

Twitterもフォローしてね!!
オンライン英会話
Twitterもフォローしてね!!
#オンライン英会話のある生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました